2010年01月27日

覚せい剤で起訴の男性無罪=「第3者関与か」所持否定−名古屋地裁(時事通信)

 乗用車内に覚せい剤を所持していたとして、覚せい剤取締法違反罪に問われた北九州市の男性(36)の判決公判が26日、名古屋地裁であった。村瀬賢裕裁判官は「警察官を含む第3者が覚せい剤を車内に入れた可能性も否定できない」として、無罪(求刑懲役3年6月)を言い渡した。
 男性は2008年9月14日に名古屋市南区の路上に止めた車内で、覚せい剤0.028グラムを所持していたとして、逮捕、起訴された。男性は公判で覚せい剤使用を認めたが、「すべて使ったので車内に残っているはずがない」と述べ、起訴内容を否認していた。
 弁護人によると、男性は同日、愛知県警南署員の職務質問を受け逃走したが、その後逮捕された。覚せい剤は逃走直後には発見されず、10日後に車内から見つかったという。弁護人は「覚せい剤所持の証拠をねつ造したことも考えられる」と話している。
 小木曽義行・愛知県警南署副署長の話 判決文を見ていないのでコメントできない。
 玉岡尚志・名古屋地検次席検事の話 予想外の判決。内容を詳細に検討し、適切に対応する。 

【関連ニュース】
「酒井法子」「飯島愛」がアジアで愛された理由
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔写真特集〕違法薬物の実態
リーダー格か、中国籍の男逮捕=女性遺体事件で3人目
「女から覚せい剤もらった」=交際継続動機か、証拠品着服も

虐待防止へ親権一時停止制度など提言(読売新聞)
「リークあり得る」NHK担当者が視聴者に私見(産経新聞)
大わらじみこしが練り歩き=山形県高畠町〔地域〕(時事通信)
コミック試し読み端末、試験運用好評(読売新聞)
新たに無職男を逮捕=女性遺体遺棄事件−兵庫県警(時事通信)
posted by qkdfc2vnwn at 09:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。