2010年01月26日

「オーシャンズ11」あこがれ、16歳窃盗団(読売新聞)

 東京都足立区内の駐輪場事務所から現金を盗んだとして、警視庁は21日、いずれも同区在住で16歳の少年少女4人を窃盗の疑いで逮捕したと発表した。

 逮捕は19日。

 4人は、ラスベガスのカジノの金庫から現金を盗む映画「オーシャンズ11」にあこがれて、昨年6月に窃盗団を結成。当初は神社や寺からさい銭を盗んでいたが、1回あたりの「実入り」が少ないとして、夜間無人の駐輪場を狙うようになったという。

 発表によると、4人は昨年12月6日早朝、同区西竹の塚の民間の自転車駐輪場の管理事務所に侵入し、現金約40万円を盗んだ疑い。

 区内では昨年12月、ほかの6か所の駐輪場でも計約7万円が盗まれる被害があり、4人はすべてについて、「自分たちがやった」と供述しているという。

小沢氏聴取、今週末が有力 妻にも打診(産経新聞)
小沢氏きょう聴取 「関与」「原資」焦点に(産経新聞)
救世主の実力は?! 記者が体験搭乗「FDA機」 日航撤退後、松本空港に就航(産経新聞)
<掘り出しニュース>牧場の扉、基地…新幹線の駅名にも−-地名の「戸」の由来って何?(毎日新聞)
石川容疑者事務所から水谷元幹部の名刺押収(産経新聞)
posted by qkdfc2vnwn at 14:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

4億円不記載 「大久保容疑者が了承」 石川容疑者ら供述 寄付偽装も報告(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる収支報告書虚偽記入事件で、事務担当だった元私設秘書の衆院議員、石川知裕容疑者(36)が東京地検特捜部の調べに対し、会計責任者だった公設第1秘書の大久保隆規容疑者(48)に虚偽記入を事前に相談し、了承を得ていたと供述していることが21日、関係者への取材で分かった。

 石川容疑者の後任の元私設秘書、池田光智容疑者(32)も経理操作を認め、陸山会が平成17年に小沢氏関連の2つの政治団体から受けたとしている計2億8千万円の寄付を装ったことも大久保容疑者に報告したと供述しているという。

 特捜部は、大久保容疑者が石川、池田両容疑者の虚偽記入容疑に深く関与していたとみて、小沢氏の認識や了承の有無などについて調べている。大久保容疑者は「知らない。指示したり、報告を受けたりしていない」と否認している。

 関係者によると、陸山会は16年10月29日、東京都世田谷区の土地を約3億5200万円で購入。石川容疑者は「ほかの政治団体などから金を集めればまかなうことはできたが、使ってしまうと今後の活動費に響く。大久保さんに相談し、4億円を先生から借り入れることになった」と供述しているという。

 石川容疑者がこの4億円を16年収支報告書に載せなかったことから、つじつま合わせの会計処理が必要となり、池田容疑者がその一環として土地登記直前の17年1月5日、小沢氏関連の政治団体「民主党岩手県第4区総支部」「小沢一郎政経研究会」から計2億8千万円の寄付を受けたよう偽装した、としている。

代替不可能な遺伝子にも代役=iPS細胞作製法、マウスで成功−シンガポール(時事通信)
神奈川県の不正経理14億円、5年間で(読売新聞)
がん患者への相談支援の在り方でシンポ(医療介護CBニュース)
海自のインド洋給油終了、部隊は帰国の途に(読売新聞)
滋賀の名神高速で5台が多重衝突、5人重軽傷(産経新聞)
posted by qkdfc2vnwn at 15:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

日教組 きょうから教研集会 消えた「対決姿勢」 地方組織と温度差(産経新聞)

 日本教職員組合(日教組)の運動内容を決める中央委員会の議案から、「要求」「反対」といった対決姿勢を象徴する文言が影を潜めている。今や日教組は民主党政権を支える存在になり、従来の対決姿勢が消えつつあるのだ。ただ、依然、地方の教組では対決姿勢が強い。温度差を生じたまま、23日から山形市で、政権交代後初めての教育研究全国集会が開催される。

 日教組の中央委員会は政権交代後の昨年11月中旬に都内で開催。組合員に提示された議案書には、日教組を取り巻く情勢分析などの経過報告と、今後の運動方針が盛り込まれた。

 文部科学省や教育委員会などの施策へ逐一批判を浴びせてきた反対闘争全盛期の議案とは内容が一変。

 「要求」や「要請」「反対」「交渉」といった従来使われていた激しい文言が影を潜め、代わりに「提案」や「提言」「意見交換」といった穏当な表現が並んだ。「政府との協議」「政府案確定に向けて意見反映が重要」といった表現もあり、「対決」路線から政権への「参画」路線を印象づける格好だ。

 日教組と民主党との間に隔たりがある個別の政策や、自治労や連合などと共同歩調を取って闘争を繰り広げている案件でも、「交渉」だけでなく「協議」という文言を付け加え、表現が穏当になっている。

 ただ、都道府県レベルの教組には依然、従来の教組の体質が根強く残っており、対決姿勢は強い。卒業式や入学式での国旗掲揚や国歌斉唱への運動方針は、今回の中央委員会の議案に記述すらされていないが、地方の教組は今も強硬な反対闘争を繰り広げている。

 元神奈川県教組委員長の小林正・元参院議員は「反体制的な立場を取ってきた日教組が体制化したことで、自信が満ちあふれている書き方だが、地方との齟齬(そご)が今後、亀裂となる可能性がある」と話している。

【関連記事】
日教組の組織率、最低の27%に 28万人を切る
【主張】教員の資質 競争と評価で鍛え上げよ
民主・輿石氏「教育が選挙の争点。いよいよ日教組の出番だ」
自民・義家氏ら、日教組の“牙城”甲府市を訪問
全国教研に文科省の政務官58年ぶり出席

石川容疑者「党の代表選を意識」 虚偽記載の動機供述(産経新聞)
センター試験2日目始まる=札幌などで開始繰り下げ(時事通信)
回らぬ風車、控訴審判決は「つくば市の過失が大」早大の賠償を減額(産経新聞)
首相「小沢氏は同志」=メルマガでも擁護(時事通信)
苦しいときの神頼み 受験、就職…“験担ぎ”事情(産経新聞)
posted by qkdfc2vnwn at 21:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。